Commander One – MacでFTPにアクセスするための便利な方法

MacOSでは、内蔵およびサードパーティ製アプリのさまざまなツールを使って、FTPサーバーに接続できます。しかし、本格的な作業は、FTP Macクライアントと呼ばれる特殊なアプリケーションによってのみ可能です。そこで当社は、Commander Oneをご紹介いたします。これは、暗号化機能を備えたFTPクライアントを内蔵し、より安全なファイル管理を実現するファイルマネージャーです。

クラウド管理:キーポイントとトップツール

FTPは、データを転送するためのプロトコルです。実際には、リモートコンピューター上のどのアプリケーションが、FTPサーバーとの間で様々なファイルをダウンロードまたはアップロードできるのかについて定められた、ルールと基準のセットです。このプロトコルは、サーバーとmacOSのFTPクライアントの存在によって機能します。

FTPの最も一般的な用途は、ファイルホスティングです。しかし、その機能はそれだけではありません。FTPは、通常の記憶媒体の代わりに、グローバルネットワークのユーザー間で高速で便利なファイル転送を提供する優れた手段です。そのおかげで、ディスクやフラッシュドライブの存在を忘れることができます。なぜなら、すべてのファイルはFTPサーバーに簡単にアップロードでき、世界中のさまざまな地域のユーザーが利用できるからです。


MacコンピューターでFTPに接続する方法

MacでFinderを使ってFTPサーバーに接続するには、以下の手順で行います:
1
Finderのメニューバーから、「移動」>「サーバーに接続」(Go> Connect to server)を選択します。
 サーバーに接続する
2
サーバーのアドレス欄にサーバー名かIPアドレスを入力し、[+]ボタンをクリックして素早くアクセスできるようにお気に入りリストに追加し、「接続」(Connect)ボタンをクリックします。
 [接続]ボタンをクリックします
3
ユーザー名とパスワードを対応するフィールドに入力し、次回以降の接続時にそれを記憶するようにチェックを入れます。「接続」ボタンをクリックします。

なお、Mac OS Xに搭載されているソリューションでは、録画機能のないFTPへのアクセスが可能です。サーバーに何かをアップロードする必要がある場合は、サードパーティの製品を使用する必要があります。

Macでブラウザを使ってFTPする方法

また、ブラウザからFTPサーバーに接続することもできます。ただし、この場合は機能の一部しか使えません。Macでブラウザを使ってFTPを有効にするには、以下の手順で行います:
1
アドレスバーにホストのIPアドレスを入力する必要がありますが、その際、「ftp: //」というプレフィックスを追加するだけです。Enterボタンを押します。
2
次に、ユーザー名とパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックします。

MacでターミナルからFTPにアクセスする方法

また、基本的な操作はターミナルのコマンドラインから直接できます。ここでは、MacターミナルでFTPを使用する方法を順を追って説明いたします:

1
Terminal.app(/アプリケーション/ユーティリティー)を探して起動します。
 Terminal Mac
2
以下の形式でサーバーのアドレスを入力して、FTPサーバーに接続します:ftp://ftp.domain.com
3
数秒後、パスワードの挿入を求められます。なお、アスタリスク(ドットなどの文字)は入力中には表示されませんので、エラーにならないようにすぐに入力したほうがいいでしょう。

FTPのMac接続は安全なのかどうか

インターネット上でのファイル転送(FTP)技術は、それだけでは非常に脆弱であり、完全なセキュリティを提供するものではありません(当初、このプロトコルは保護されておらず、データ伝送路は常に信頼できると想定されていました)。さて、デフォルトでは、各チャネルは信頼性が低く、データをさらに暗号化する必要があると想定されています。残念ながら、FTP自体はこの機能をサポートしていません。

ハッカーは、あなたの接続に接続することで、特定のデータを傍受できますが、そのためにはユーザー名やパスワードを知る必要はありません。また、ログインセキュリティの問題もあります。デフォルトでは、FTPプロトコルにはパスワードの推測やログイン試行に対する保護機能がないため、誰かが単純に利用可能なパスワードを繰り返し入力してフォルダにアクセスすることが可能です。

acOSのFTPクライアントによるFTP接続機能を改善する方法

FinderをMac OS XのFTPクライアントとして使用すると便利ですが、読み取り専用モードでサーバーにアクセスできることは注目に値します。つまり、サーバーからコンピューターにファイルをダウンロードすることはできても、その逆はできないのです。それでもサーバー上で何かをホストする必要がある場合は、サードパーティ製品を使用する必要があります。

Macでターミナルを使ってFTPを使うと、もう少し機能が広がりますが、使い勝手が悪く、ターミナルの扱いに自信のない方も多いと思います。中には、その言葉を聞いただけで恐怖を感じてしまう人もいて、ある種のコマンドを実行する必要があることは言うまでもありません。FTPサーバーを設定するために、Macユーザー様は別のブラウザを使用することもできますが、やはり機能は限られており、あまり実用的ではありません。そのため、Macユーザー様は、あらゆるニーズを満たす幅広い機能を備えたサードパーティ製のアプリケーションを求めております。

Commander One – 最高のMac用FTPソフトウェアオプション

価格: $29.99
無料版: ダウンロード
Mac AppStoreバージョン: ここで入手可能
CommanderOneインターフェース

Commander Oneは、便利なMac用FTP/SFTP/FTPSクライアントです。このアプリは、数回のクリックでMacでFTPサーバーにアクセスすることができ、ローカルに保存されているファイルと同じように、リモートファイルに対してコピー、削除、移動、編集などのファイル操作を行えます。それに加えて、豊富な強化機能を備えたわかりやすいファイルマネージャーです。アーカイブ、MTPデバイス、iOSデバイス、タスクマネージャー、プロセスビューア、オンライン接続の暗号化など、さまざまな機能を備えております。デュアルペインのインターフェイスにより、ファイルやフォルダの操作がとてもスムーズに行えます。

icon pros 長所:

  • 複数のタブに対応。
  • クラウドコンピューティングサービスへの対応。
  • FTP/SFTP/FTPSクライアントを内蔵。
  • オンライン接続時の暗号化に対応。
  • 端末エミュレータ。
  • ホットキー対応。

icon cons 短所:

  • マルチリネーム機能がない。
  • ディレクトリの同期機能がない。

結論

FTPサーバーへの接続はとても簡単で、方法が複数あります。その多くは、一般的なOSすべてに適用されます。しかし、プログラムによっては機能が非常に限られているので、目的に応じて使い分ける必要があります。

よくあるご質問


FTP(ファイル転送プロトコル)は、コンピューター間でネットワークを介してファイルを転送するための基本的なプロトコルの一つです。これにより、FTPサーバーへの接続、ディレクトリの内容の表示、サーバーからファイルをダウンロードしたり、サーバーへファイルをアップロードしたりできます。
MacでFTPに接続するには、ドメイン名やIPアドレス、承認用のユーザー名とパスワードが必要です。ターミナルを起動し、「ftp://ftp.domain.com」と入力します。数秒後に、パスワードの入力を求められます。
良質なMac OS XのFTPクライアントはたくさんあります。その中には完全に無料のものもあれば、有料のものもありますが、ユーザーに提供する機能という点ではすべて異なります。ここでは、Mac用の最適なFTPソフトウェアのリストをご紹介いたします。それは、Commander One、CloudMounter、CyberDuck、FileZilla、ClassicFTP、Transmit、Yummy、Flowです。
Macでは、内蔵のソリューションを使ってFTPサーバーにアクセスできます。しかし、MacでのFTPサイトへのアップロードは、サードパーティ製のプログラムを使ってできます。
デフォルトでは、FTPには20と21のポートが設定されています。最も重要なのはポート21で、サーバーを開き、コマンドを送るためのものです。一方、ポート20は主にアクティブモードで必要となります。
FTPクライアントとは、FTPプロトコルを使用してリモートコンピュータとの間でファイルを転送するプログラムのことです。
Top choice

Commander One

  • ランク 4.5 以下に基づく 90+ ユーザー, レビューを書く
  • 要件: Mac (Mac OS X) 58.68MB 空き容量.
  • バージョン 3.3(3508). (05/09/2021). 発売のお知らせ
  • カテゴリー: Other solutions